【BTC】テクニカル 下降3波突入⇒下値メドは54~52万円☆【11/11】

f:id:niracryptocurrency:20171111100707p:plain

 

こんにちは! にらたま(@jyImbQ93)です。

 

BTCがやっと調整に入ったようなので、今後の展開を予想してみます。

 

 

日足チャート

 

f:id:niracryptocurrency:20171111081840p:plain

 

・標準偏差(26日)、ADX(8)、ADX(14)

・標準偏差(52日)、ADX(26)、ADX(52)

これら全てが垂れてきました。

 

その他の指標も弱気サイン。

 

・一目均衡表

f:id:niracryptocurrency:20171111082328p:plain

 

転換線は下抜け。

基準線が支持線として機能中。

⇒近々、基準線も下に抜けると思いますが・・

 

 

週足チャート

 

f:id:niracryptocurrency:20171111082557p:plain

 

5週移動平均線で下げ止まっていますが、ここは下に抜けると予想。

 

・ボリンジャーバンド(21週)

f:id:niracryptocurrency:20171111082742p:plain

 

+2σの下に移動。(やっとですね(´з`))

 

 

月足チャート

 

・ボリンジャーバンド(21月)

f:id:niracryptocurrency:20171111083753p:plain

 (ビットフライヤーチャートを代用。)

 

一旦は、+2σと+1σの間に収まると予想。

 

今後の予想

 

・フィボナッチ

f:id:niracryptocurrency:20171111085250p:plain

 

38.2%・・・654,404円

50% ・・・587,616円

61.8%・・・520,827円

 

★単純に、高値から38.2%の調整ライン・・・538,043円

 

 

【下値メドの候補】

 

(0)上記フィボナッチ、及び、高値から38.2%押しライン

 

(1)日足の61日移動平均線(現在57万円付近)

 

(2)日足の100日移動平均線(現在52万円付近)

 

(3)日足のエンベロープ(21日)±35%の下限(現在47万円付近)

 

(4)週足の21週移動平均線(現在46万円付近)

 

(5)週足のボリンジャーバンド(21週) 中心線((3)と同じ)

 

(6)月足のボリンジャーバンド(21月)+1σ(現在43万円付近)

 

 

【個人的な下値メド予想】

 

f:id:niracryptocurrency:20171111091731p:plain

 

今回の下げは、「下降3波」に当たるとみてるので、フィボナッチ61.8%(52万円)までの調整はあり得ると予想。

 

また、このラインは、

 

・高値から38.2%(53.8万円)の調整ポイント

・中期トレンドを示す100日移動平均線(現在52万円付近)

 

これらと重なるラインなので、ここが下値メド(下げ止まりポイント)と見ています。

(下値メド:54~52万円) 

 

ここにたどり着くまでには、細かい乱高下を繰り返しながら落ちてくるでしょう。

 

下降3波の調整をこなしたら、再度、強いブル相場に回帰すると思うので、ここまで落ちてきたら、絶好の買い場なので、全力で買いにいく予定です。

 

-スポンサードリンク-

 さいごに

 

このくらいまで落ちてきた時は、おそらく市場はこんな雰囲気になってるでしょう。

 

「BTCはもう終わりだ! これからは、BCHがとって代わる!」

「だから、BTC価格は奈落の底に落ちていくだけ。」

「50・40万円台になってもまだ買わない方が良い!危ない!」

 

⇒怖くて、ほとんどの人が買いにいけない・・・

 

 

BCHにも、「先物」という金融商品が登場したらどうなるか分かりません。

 

また現在、世界の多くの取引所でBTC「基軸通貨」に採用されていますが、BTCの基軸通貨を取りやめ、BCHを基軸通貨に採用するという事実が出てきたら、BTCが暴落する可能性は十分あり得るでしょう。

 

ただ、これらが実現するまでは、「BTCはこれまで通りのBTC」であり、「BCHはアルトコインのひとつ」という立ち位置でしかありません。

 

これから本格的に流入してくるであろう金融マネーの本流「機関投資家」たちは、そういう見方をすると思うので。

 

ちなみに、「BCHがBTCにとって代わるぞ!」という思惑でBCHは今後も乱高下するでしょうが、この話はあくまで「材料」として使われるだけです。

(今のところは。)

 

現在のBCHは、動かすには都合の良いコインなので、アルトコインのひとつとして乱高下(急騰)させるために、BCHの材料として持ち出されるでしょう。

 

一方で、BTCの値動きに、この「BCHの材料」を本気で考慮する必要は無いと判断しています。

理由は、「先物(金融商品)の有無」「基軸通貨の採用有無」

 

なのでBTCは、今後も(しばらくは)、BTC独自に淡々と動いていくでしょう。

つまり、チャート通りに下降3波の調整をこなし終えたら、再度、高値更新していくと予想しています。

 

過去記事

 ・2016年末~の相場の再現近し?

cryptocurrency-nira.hatenablog.com

 

 ・複合チャートで循環物色

cryptocurrency-nira.hatenablog.com

 

 ・金融相場の特徴

cryptocurrency-nira.hatenablog.com

Bye-bye(^_-)-☆

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る