【短期トレード】仮想通貨は宝の山相場☆彡【でも注意も必要!】

  • 2017/10/17
  • 【短期トレード】仮想通貨は宝の山相場☆彡【でも注意も必要!】 はコメントを受け付けていません。

f:id:niracryptocurrency:20171017165957p:plain

 

こんばんは! にらたま(@jyImbQ93)です。

 

今回は、テクニカルではなく、仮想通貨における「短期トレード」について考えてみました。

(先日Twitterでつぶやいた内容に、加筆した形になります。)

 

短期トレードをオススメすると同時に、最後部分に、

「短期トレードの注意点(短期トレードは危ない!)」も書いたので、合わせて見てください(*´ω`)

 

仮想通貨投資の現実

現に、数年前や今年の春頃から仮想通貨を始めた人は、既存の小口投資家(資産ウン千万円レベル)を短時間で抜き去っています。
億り人もいるわけで。

 

10年20年、株や不動産でコツコツと投資をしてきた人を全否定するような番狂わせも生まれています。
理不尽のように見えるけど、これが現実です。

 

短時間で資産を10倍・50倍・100倍にした人たちは、テクニカルとかブロックチェーンの知識を全く知らない人も多いようです。

 

これもまた理不尽だけど、現実の話です。

 

でも、このような「投資が初めての人」でも、仮想通貨を嗅ぎつけて投資した時点で、素晴らしい能力の持ち主だと思います。

 

既存の投資家を抜き去るだけのポテンシャルの持ち主です。

 

今年7月以降に仮想通貨を始めた人は、高値掴みで待たされているか、良くて2倍~4倍程度の利益。
王道コインに投資している場合。)

 

ただ、王道コインも調整が終わればおのずと高値更新して、着実に資産が倍増するはず。

だから今は我慢の時です。

 

そして、「仮想通貨に投資していない人」と差がつく可能性が高いのです。

 

 

ただ・・・
王道コインのガチホだけして「短期トレード」を全くしない場合は、仮想通貨をしている投資家の間で、大きな差がつく可能性が高いのも事実。

 

機会損失というやつです。

もちろん投資に「焦り」は禁物ですが、機会損失を解消することを考える・目指すのはアリだと思います。

 

過去の日本にも、現在の仮想通貨市場と同じような時があったのです

株(特に日本株は、1990年でオワコン。
その後の25年以上は、ひと相場やった後の仕手株の末路」と同じです。

 

日本株に投資する価値があったのは1950~80年代まで。

(今の日本株市場を否定しているわけではないですw 自分も投資してきましたので。)

 

この時代は売買したもん勝ちです。不動産も同じく。


例えば、たいして魅力もない土地が、1週間後には100万円値上がりする時代もありました。

(わたしは体験してませんが(´・・`))

 

この時代は短期転売に高い税金がかかる法律も無いので、やったもん勝ちです。

法律が未整備だったり、知識が乏しいと失敗するというリスクもありますが、

 

・勉強して

・情報収集して

・実際に&早く動いた

人が、大きな恩恵を受けられたのです。


つまり、「機動力」「情報収集力」次第で、友達やご近所さんと資産の増加スピードで雲泥の差がついたということ。

 

今の&これからの仮想通貨市場も、コレと全く同じです。

 

 今は頑張る価値がある局面です

「そんなにお金儲けに走りたくない」

「頭がおかしくなりそう」

という意見も全うですが・・・

 

目の前に一世一代のチャンスが転がっている今は、正直頑張るところだと思います。

 

ただし、短期トレードは非常に難しいです。

(わたしもまだまだ勉強中。失敗することも当然あります。)

 

ですので、投資初体験の人が急にやるのはオススメしません。

まずは、以下の2点について知識を習得したうえで、少しづつ慎重に参戦すると良いと思います。

 

(1)投資における資産管理

(2)短期投資の心得

 

この2つを身に付ける方法は・・・

書籍・専門サイトはもちろん、成功している他人のTwitter・ブログ等をチェックしまくる。

 

つまり、そんなに難しいことではありません。

「やるだけ」です。

 

労力も時間も取られますが、今は頑張る価値はあると思います。

 

今は、そこらへんの「小金持ち」や、「投資歴10年20年の小口投資家(資産ウン千万円まで)」なら、簡単に抜き去るチャンスです。


人生をリセット・逆転できるチャンスだから、短期で猛勉強する価値はあると思います。

 

つまり、人生で一番頑張るところかなと。

 

投資初心者でもチャンスは大アリです。それが仮想通貨市場。

株・FXの既存の投資家(コツコツまじめ投資家)は、変な「常識」がついていて、この大相場に乗れない人もいそうですね。

常識(慎重さ)が邪魔をして。

(わたしも人のことは言えません。)

 

※(草コインを短期売買するときは、慎重さは大切です。

草コイン(出来高が少ないコイン)は上級者向きなので、手を出さない方が良いです。)

 

一方で、変な投資常識が付いていない人(投資初心者)の方が、10倍・100倍稼ぐチャンスは大ありだと思います。

 

だから、「投資初めてだから無理だ~」と諦めずに、短期間で猛勉強すると良いと思います。

 

株の短期売買は、ストップ高を数発やっても2倍いきません。

安全な相場だけど、微妙な世界。

 

一方で、仮想通貨は、数分や1日単位で2倍・10倍もあり得ます。

ただし、短期トレードに参戦すれば。


投資額5万円なら→10~50万円

100万円なら→200~1000万円

1000万円なら→2000~1億円

があり得る世界です。

 

毎日、2倍・10倍になる短期トレードをする必要は無いです。


今後半年の間に1回でも成功すれば、資産が「10万円・1000万円・あわよくば1億円」になるんです。


短期トレードである程度まで増やせたら、あとはBTC・王道アルトで眠らせても、そのうち2倍になります。

 

 

たぶん、これから半年~1年の間は、仮想通貨市場はお祭りのようになると思います。

今年6月までのような異常な相場がまた絶対にやって来ます。


そういう時に、王道コインだけでなく、時価総額が低かった時のMONA・PEPEのような下位コインで短期トレードに成功すれば、仮想通貨の投資家間でも10倍は軽く差がつきます。

 

今のうちから猛勉強して、短期トレードの知識を習得しておけば、今すぐは無理でも、そのうちいつか(年末?来春?)は、1回でも大きな相場に乗っかれると思います。

 

仮想通貨のバブル相場はまだまだ続きます。(たぶん)
焦らずに準備していくと良いと思います。

 

短期トレードの注意点

ここまで、「短期トレードを目指すのもアリ!」とオススメしてきましたが、「焦りは禁物」です。

 

投資において、中長期トレードも簡単ではありませんが、短期トレードは一番難しいです。

 

仮想通貨投資自体「投機」ですが、仮想通貨の短期トレード「投機の投機」だと思ってください。

 

短期トレードが難しい理由は、

買うにしても・売るにしても、瞬時の判断が求められるからです。

 

また、上がってから飛び乗る「イナゴ投資」をやると、大やけどをする確率が高いです。

 

短期トレードの基本は、

 

(1)上がる前に仕込む。

→事前にチャート(テクニカル)や材料(ファンダメンタル)を分析しておいて、底値圏で仕込む。

or

(2)上がるサイン(テクニカル)が出たら、瞬時にINする。

 

このどちらかしか成功しないです。

 

MONAの場合は、下げ止まったと思える40円~50円台(赤い四角)あたりか、出来高増えた(赤矢印)あたりで仕込む。

f:id:niracryptocurrency:20171017164549p:plain

 

これ以外の方法、つまりイナゴ投資で1回2回成功しても、そのうち大やけどして退場させられます。

 

(1)利益を出す

(2)大きな損をしない

 

投資で長く成功するためには、(2)「損をしないこと」が大事です。

つまり、退場させられないことが最も大事なポイントです。

 

「投資資金」が無くなったら再起不能ですから。

 

 

基本は、保守的保守的に投資することをオススメします。

 

そして、そんな投資生活の中で、保守的に見ても「行ける!」というチャンスがあったら、短期トレードをしてみてもいいんじゃないでしょうか。

 

半年に1回のチャンスでも、それで成功すれば、2倍10倍をゲットできますので。

 

 

おかげさまで、こんな私にも、Twitterで質問をして頂けるようになりました。

 回答できる範囲で返答していますが、基本は非常に保守的な内容です(*´з`)

ですので、あまり役に立ってないかもしれませんww 

 

保守的すぎる理由は、上に書いた通りです。

投資資金が無くなったら終わりだからです。

 

トレードに乗れずに、利益が取れなかった。

エイヤッとトレードしてみて、高値掴みした。(資金が減った。)

 

「どっちがマシか?」ということです。

資金が塩漬けになったり、大きく減ると、投資自体できなくなります。

 

一方で、目の前のトレードに乗れず、利益が取れなかったとしても、チャンスはまだあります。

(仮想通貨市場は、毎日チャンスが転がってます。)

 

投資において「投資資金」は命です。一番大事なものです。

 

ですので、

 

(1)まずは焦らずに、投資の勉強をしっかりとする。

(今からでも間に合います。)

 

(2)焦らずに、チャンスを待つ。

 

この2点が期トレード成功のポイントです。

 

 

自分がMONAPEPEで短期トレードに成功したのは、以前からこの2銘柄を監視&スイングトレードしていたからです。

相性が良かったことと、監視していたため、底値ラインや出来高の変化などに気づけただけです。

 

 

 

特別に素晴らしいプロ投資家だからではありません。 

焦らずにタイミングが来るのを待つと、1ヶ月に1回・半年に1回でも、良いことがあると思います。

 

チャンスは必ず訪れると信じて、焦らずに準備しておくと良いと思います。

 

Bye-bye(^_-)-☆

 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る