五棟目のアパート経営から……利回り40%化け物RC、見参!! ( ゚Д゚) ⑩

  • 2017/10/18
  • 五棟目のアパート経営から……利回り40%化け物RC、見参!! ( ゚Д゚) ⑩ はコメントを受け付けていません。

 こんにちは、gatsbyです!!

 

 最近、株の記事をアップしましたが、現状絶賛……

 大暴落中です!! (T_T)

 どのくらい資金はとけるかな🎶 逆に楽しみでなりません。

 あ、

 ドM、じゃないですよ? (=^・^=)

 来月には面白い記事が書けそうです!! (*'▽')

 

 ↓ やっぱりちゃんと勉強しないとダメかなぁ……。(-_-;) 

 

マンガでわかる最強の株入門

マンガでわかる最強の株入門

 

 

 

 ああ、ここから始める不動産黒歴史、です、はい。(-_-;)

  ……ふぅ。(-_-;)

 困った私の顔を見て、嫁、大きくため息です。

 ああ、やばい。なんか雲行きが……。(-_-;)

 「再生計画は分かったけど、資金面の詰めは甘いんじゃない?」

 運転中だったので、横にいる嫁を見る事はできませんでしたが、無言で刺さる冷めた

視線をいたいほど感じていました。

 「……。」

 「……。」

 少しの沈黙が流れました。

 正直、資金が足りないのは明白でした。購入資金と経費があってもリフォーム代と募

集に関する空室23室の広告費、後にくる取得税ー

 資金問題は深刻でした。四棟目購入から一年ちかく経っているとはいえ、四棟で爆発

的な現金手残りができたわけもなく、給料からの貯金もあてにしなくては購入にままな

らない状態でした。

 ようするに、

 ギリギリな資金運用だったのです。|д゚)

 「購入後の広告費、不動産取得税、リフォーム代。この名目の資金はどうするの?」

 さすが嫁です。不動産用通帳の残高と私個人の通帳残高を知っていれば、購入後の資

金枯渇を読む事は簡単でした。ほんと、スキがありません……。(-_-;)

 「広告費は四棟のキャッシュフローで何とかなると思う。一気に決まれば別だけ

ど。」

 「そうね。」

 冷めた嫁の言葉に、心臓がドキドキです。信号が赤で車は止まりました。

 これは恋? (=^・^=)

 現実逃避に嫁に満面の笑みで微笑んでみました。

 「愛してる」とかは今、いらないから。('_')

 あ、読まれていました。嫁と何かもめて追い詰められると私は、「愛してるよ♡」っ

ていいながらハグをするのが常でした。

 やばいです。愛情攻撃が効きません。誰か助けてください……。(T_T)

 「ちゃんと前を見て、青だよ。」

 「あ、はい。教官。」

 軽いジョークにも嫁は無反応でした。

 私はため息をつきました。この嫁の牙城を攻略できなければ利回り40%も夢の彼方

です。

 「資金…………株の資金をもう一度使わせてください。」

 株の資金とは私が結婚前から運用し、増やした我が家の隠し金山でした。

 何を言っているの? ( ゚Д゚)

 その瞬間、嫁、激おこです!!

 「あれは子供の将来のための資金だよ? 前に一度は許したけど、あれで最後だか

らって約束したよね!?」

 ああ、そうでした。激しく地雷を踏みました。

 「手持ちの資金で運用できないなら、私は賛成できない。」

 うるうる。(T_T)

 確かに今の発言は軽率でした。うちの家計、いや資産管理はすべて話し合いで方向性

と配分を事前に決めていました。不動産投資はキャッシュフローと定期などの通常資産

のみでの運用との取り決めでした。それは私が色々と投資する上で、暴走しないための

取り決めでした。

 ああ、完全手詰まりだ……。(-_-;)

 私は嫁の正論攻撃に撃沈寸前でした。

 

 

 次回、

 「アパートしくじり異生活」、嫁の攻略戦!!

  お楽しみに!!

 

 ↓ 撃沈寸前のgatsby応援してね!! (*'▽')

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

 

 

 

「ムリなし」不動産で家族しあわせ!―10人の「成功主婦大家さん」からの“人生マル得不動産経営のススメ

「ムリなし」不動産で家族しあわせ!―10人の「成功主婦大家さん」からの“人生マル得不動産経営のススメ

 
主婦でも大家さん 頭金100万円でアパートまるごと買う方法 (朝日コミックス)

主婦でも大家さん 頭金100万円でアパートまるごと買う方法 (朝日コミックス)

 
専業主婦が年収1億のカリスマ大家さんに変わる方法

専業主婦が年収1億のカリスマ大家さんに変わる方法

 

 

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る