野球場は登記できるのか?

f:id:keiichi2017:20180503232130j:plain

 

 

はじめに

建物は、不動産登記法において定義が不動産登記規則第111条に記載があります。

 

不動産登記規則第111条 建物

建物は、屋根及び周壁又はこれらに類するものを有し、土地に定着した建造物であって、その目的とする用途に供し得る状態にあるものでなければならない。

 

不登記規則第111条で、「建物は、屋根及び周壁又はこれらに類するものを有し、土地に定着した建造物であって、その目的とする用途に供し得る状態にあるものでなければならない。」と定め、不登準則第77条で、「建物の認定にあたっては、次の例示から類推し、その利用状況等を勘案して判定するものとする。」として、建物として登記できるものと建物として登記できないものについて例示しています。

 

建物認定3要件とは?

建物であるためには、3つの要件を満たすことが必要となります。

  1. 屋根及び周壁又はこれらに類するもの(外気分断性)
  2. 土地に定着した建造物(定着性)
  3. その目的とする用途に供し得る状態にあるもの(用途性)

 

外気分断性とは、建物と認定されるには、雨露などをしのぐための周壁などによって外気を分断し、人貨が滞留するための空間が要件とされます。

定着性とは、物理的に土地に固着していることを要します。ただし、物理的な固着が要件であっても、物理的に絶対不動というわけではなく、土地に固着的に付着して容易に移動し得ないものと解します。

用途性とは、建物は一定の生活空間や人貨の滞留性を有することが必要です。例えば、住宅であれば外部から遮断され人貨の滞留が確保される必要があります。これを用途性といいます。

 

登記できる建物

①停車場の乗降場、荷物の積卸場。(ただし、上屋を有する場合)

②野球場、競馬場の観覧席。(ただし、上屋を有する場合)

③地下停車場、地下駐車場及び地下街の建造物

④園芸、農耕用の温床施設。(ただし、半永久的に建造物と認めるもの)

 

登記できない建物

①ガスタンク、石油タンク、給水タンク

②機械上に建設した建造物

③浮舟を利用した者ただし、固定しているものを除く

④アーケード付街路

⑤容易に運搬し得る切符売場、入場券売場

 

登記できる建物か、登記できない建物かは不登準則第77条建物認定の基準に記載されています。これによると、野球場は登記することができます。

www.fudousantousinavi.com

www.fudousantousinavi.com

www.fudousantousinavi.com

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る