20代はなんだかんだ恵まれていたけど、正社員では満足できなかった

  • 2018/3/18
  • 20代はなんだかんだ恵まれていたけど、正社員では満足できなかった はコメントを受け付けていません。

f:id:eyasu2008:20170831142944j:plain

現在の無職という状況は好ましいと言えないですが、それでも過去を振り返ってみると、なんだかんだ恵まれている人生だと思います。

 

逆に不幸だと思うことは、正社員という立場に満足できなかったことです。

20代を振り返ると 

・国立理系に入学できた

・2年間海外で働くことができた

・外国人エンジニアと一緒に仕事ができた

・3ヶ月の語学留学で南国生活を満喫できた

・イスラエルや中東など15カ国以上旅できた

・ヨーロッパに2ヶ月滞在することができた

・ITやパソコンのスキルがある

・数年働かなくても生活できる資産がある

・生活するには困らないだけの英語力がある

・過去に国際恋愛を2回経験した

・フランス人の彼女がいる

・実家に住むことができる

・自分のビジネスにフルタイムで打ち込むことができる

 

20代の頃は新卒で働き始めた会社がブラックだったこともあり人一倍苦労しましたが、それでもたくさんのことに挑戦することができ良かったと思っています。大学時代に総合職を選んだ友人とは180度違う世界を生きていますが、この道を歩んできて良かったと思います。

 

現在は実家に戻りほぼ収入がない状態ですが、それでも自分のビジネスに全力で打ち込むことができるのは、まだ恵まれている方かもしれません。生活費が稼げずに再び一般的な労働に戻る方もいるので。

 

不幸だと思うこと

逆に自分が不幸だと思うのは、サラリーマンという職業に満足できなかったことです。

 

なんだかんだ苦労しながらも、3社目の会社では海外に開発拠点があり社内開発でき、自分がやりたいと思っていた仕事にも就くことができました。年収も20代後半からは順調に伸び、自宅から会社まで徒歩5分の都内に住むことができるなど、良い条件で働くこともできました。

 

辞める3ヶ月前には会社から賞も頂き、それなりに高い評価も得ていました。

 

それでも、正社員のポジションに満足できなくなり、ゼロから新しいビジネスに挑戦することになります。普通ならば、このタイミングで結婚を考え家族を持つのが良かったのかもしれません。

 

ポジティブにいうと安定に逃げずに思い切りが良い決断ができることですが、後先考えずに行動してしまうのは20代の頃から、悪い意味で何も変わっていないとも言えます。

 

ちなみに現在は人生の中で1番の谷底です。自分のビジネスに挑戦するのであれば、もっと早くから行動しておけばよかったなと心から思います。

アフィリエイトを選んだ理由

おそらく、20代の頃から組織の中でしか生きられない事にコンプレックスがあったんだと思います。システムエンジニアという職業を選んだのも、会社に縛られないから、転職や起業がしやすいから、と思いこの仕事を選んだのかもしれません。英語を勉強し始めた理由も、日本社会には縛られたくないと思ったからです。

 

しかし、実際には年齢を重ねてポジションが上がるにつれて、会社に依存していきひとりでは生きられない事に嫌気がさしていたんだと思います。優秀な上司が数名いて、彼らのおかげで自分は良い仕事をすることができました。

 

そんな中、ネットの世界では組織に頼らずに自分だけの力で生きていく、ブロガーやアフィリエイターの方に強烈に惹かれていきました。まぁ実際には、ネットの世界でもひとりの力だけでやれているのはほんの一握りしかいないですが。

 

自分の場合、何をやっても中途半端にそこそこできてしまうのが良くないんだと思います。もう少し不器用であれば変な理想を抱かずに組織に染まろうとするし、なんでもできるほど器用ならば、本業で成功するか副業しながらでもある程度満足のいく成果を出していたと思います。

 

自分の能力を見極められず、広く浅くいろんな事に手を出しています。

 

アフィリエイトに関しても大きく成功できるわけではないですが、それでも続けていけばそれなりに成果が出るような気がしています。なんだかんだアフィリエイト自体は初めてから、まだ4ヶ月しか経っていません。

 

ただし、中途半端にできてしまうせいで、会社員にも戻らずとどっち付かずになりそうな気がしています。早いうちに挫折して、正社員として生きた方が幸せかもしれません。

 

年収500万円の派遣とサイドビジネスで年収700万円を目指す道

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る