ナイトライトで暗い足下を照らせ!眠い頭で階段を上り下りせよ!【開封の儀】

  • 2018/5/31
  • ナイトライトで暗い足下を照らせ!眠い頭で階段を上り下りせよ!【開封の儀】 はコメントを受け付けていません。

階段が暗くて怖い

我が家には階段があります。
普段は明るく窓から光も入るので、何も怖いことなく上り下りできます。
しかし夜になると足元の階段の踏み面(階段の段の端の部分)が見えにくく

「夜に暗い中、上り下りする時に怖い」

と家族から苦情が出ていました。

まぁ階段の電気を付ければ良いのですが、階段は投光器タイプの照明器具で結構まぶしく、夜にトイレに目が覚めて階段を通るときにこの電気を浴びるとかなり覚醒してしまい、その後寝付けないという事もあり暗いままで上り下りする事が多くなっています。

そんな

「暗い中でも階段を安全に上り下りしたい!」

という家族の要望をなんとか叶える方法はないものでしょうか?

ナイトライト

そんな家族からの苦情&要望を受けつつもなかなか良い解決策は見いだせず時間ばかりが過ぎていたのですが、海外通販サイト「GearBest」(ギアベスト)の商品をボーッと眺めながら過ごしていた時に見つけました!
なんだか薄暗い中で明る過ぎず、ホンノリ照らしてくれるというナイトライトという商品を!!!

イメージはこんな感じ。

f:id:MoneyReport:20180531144946p:plain

ナイトライトとは要は、薄明かりで照らしてくれる照明器具です!
我が家の階段の照明器具の問題点は「明るすぎる」こと。
明るい照明は階段の段差をしっかりと判別できるくらい明るく照らしてくれるのですが、その反面寝ぼけている様な頭をしっかりと起こしてしまう弊害があります。

階段の踏み面を認識できるほどのボワッとした明るさで、寝ぼけた頭を覚まさない程度の明るさで照らす。
これができれば「階段を安全に上り下り」できて「寝ぼけたままで、すぐにまた眠る」ことが出来るのではないでしょうか!

そんな理想のホンノリ明るい明るさを提供してくれる製品がナイトライトと呼ばれる製品群でした。

良さげなナイトライトを探す!

ナイトライトで探すと結構たくさん商品があるんですね~。

f:id:MoneyReport:20180531144831p:plain

色々とある中で気になったのは、やはり照明器具という事で家具や家電の一部なので、部屋にとけ込めるすっきりとしたデザインのものが良いなぁ、というところ。

色んなナイトライトをチェックした中で

「これが良さげかな?」

と思ったのが下記2点のナイトライト。

f:id:MoneyReport:20180531144412p:plain

f:id:MoneyReport:20180531144344p:plain

【開封の儀】ナイトライトを開封す!

ナイトライトが入っていた袋はこちら。
f:id:MoneyReport:20180531141540p:plain

袋を開けると中身は3つ。
f:id:MoneyReport:20180531141618p:plain

まずは小物から。
f:id:MoneyReport:20180531141638p:plain

これは直接コンセントに挿すタイプのナイトライト。
f:id:MoneyReport:20180531141720p:plain

正面から見るとこんな感じ。
f:id:MoneyReport:20180531141748p:plain

下側はこんな感じ。
f:id:MoneyReport:20180531141820p:plain
USBポートが2つ付いています。
左に見える黒いポッチが、ナイトライトのON・OFFスイッチです。

コンセントに取り付けるとこんな感じに。
f:id:MoneyReport:20180531141921p:plain
案外収まりが良い様に見えます。

若干周りを暗くすると光りました!
f:id:MoneyReport:20180531141953p:plain
LED電球なのか白っぽい光です。

スイッチ側面がよく見えますね。
f:id:MoneyReport:20180531142140p:plain
正面の丸い透明っぽい部分が感光器です。

こんな感じで指で押さえたりすると、昼間でも光ります!
f:id:MoneyReport:20180531142222p:plain


続いてのナイトライトを開封していきましょう!
f:id:MoneyReport:20180531142322p:plain
こちらはXiaomi(シャオミ)製のナイトライトです。

箱の裏に製品詳細が中国語で書かれています。
f:id:MoneyReport:20180531142350p:plain

箱を開けると中にナイトライト本体がお目見えしました!
f:id:MoneyReport:20180531142421p:plain

内容物を出して並べたところ。
f:id:MoneyReport:20180531142515p:plain
左から「壁掛けホルダー」、「ナイトライト本体」、「取扱説明書」となっています。

ナイトライト裏面。
f:id:MoneyReport:20180531142534p:plain
この丸くギザギザが付いている部分に手の平を当ててぐるっと回すと・・・

開きました!
f:id:MoneyReport:20180531142635p:plain

単三電池三本を入れると、早速電気が付きました!
f:id:MoneyReport:20180531142727p:plain

そして分かりにくいですが、裏面中央部ちょっと上にあるツマミを右にやると「明るく」なり、左にやると「暗く」なります。
f:id:MoneyReport:20180531142942p:plain

蓋を閉める時は、上部にある「ポッチ」(小さな凹み)を本体と蓋でそれぞれ合わせる様にして位置調整して閉めないと閉まりません(^-^;
f:id:MoneyReport:20180531143105p:plain

取扱説明書の内部。
f:id:MoneyReport:20180531143130p:plain

もう一面。
f:id:MoneyReport:20180531143139p:plain

続いて、壁掛けホルダーを本体裏面に取り付ける必要があります。
まずはこちらが完成後のイメージ。
f:id:MoneyReport:20180531143244p:plain

本体裏蓋の内側の丸い部分に貼られているビニールを剥がします。
f:id:MoneyReport:20180531143423p:plain

剥がした部分にノリが付いているので、そこに壁掛けホルダーを・・・
f:id:MoneyReport:20180531143458p:plain
ピタッと貼り合わせます!
真ん中のよく分からないマークに合わせると良いです。

貼り合わせ後。
f:id:MoneyReport:20180531143602p:plain
左に見えているのが本体裏蓋に貼られていたビニールです。

本体正面に貼られていた保護シール(透明)を剥がせば完成!
f:id:MoneyReport:20180531143634p:plain

実際に使う時には壁にピン止めして使います。
f:id:MoneyReport:20180531143714p:plain

暗くして光らせるとこんな感じに。
f:id:MoneyReport:20180531143757p:plain
電球色の淡い黄色っぽい光です。

最初に載せたコンセントタイプの物よりも非常に雰囲気があって良い感じです(^-^)v
f:id:MoneyReport:20180531143848p:plain

こちらは電池式という事もあり、暗くなったからと言ってずっと光る訳ではないです。
「暗さ」と「人が近くに居る」の両方を感知した時だけ点灯します。
点灯後も一定時間(数分)経つと消えて消灯します。

まとめ

ナイトライトいかがだったでしょうか?

「夜に足元が暗くって。でも照明を付けると目が覚めちゃって」

という人には非常にオススメなナイトライトです(^-^)/

我が家はナイトライトを付けてからは家族の評判も上々で良い感じになりました♪

f:id:MoneyReport:20180531144412p:plain

f:id:MoneyReport:20180531144344p:plain

また、海外通販GearBestの購入方法については下記記事にて詳しくまとめましたので、参考にして頂ければ英語だからと気後れせずに簡単に購入できます(^-^)v

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る