クラブ・キャバクラを最大限に楽しむ方法を現役ホステスが教えちゃいます!

  • 2017/5/27
  • クラブ・キャバクラを最大限に楽しむ方法を現役ホステスが教えちゃいます! はコメントを受け付けていません。


もち乃です。

クラブやキャバクラなどの女の子がいるお店で遊んでいるみなさん、満足して帰れていますか?

夜のお店ではそこそこの金額を払うことになりますから、少なくとも払った分は楽しみたいですよね!

満足できるかどうかはお店や女の子の質による部分ももちろんありますが、実はお客さん側のやり方次第なところがかなり大きいです。

なんたって誰が買っても同じ「モノ」と違って、夜の店のサービスは決まった形がほぼないですからね。

ホステスをしている私としても、お相手したお客様には満足してもらいたいと思って働いています。

でもお店も女の子も商売でやっているので、何でもかんでもしてあげられるわけじゃないんですよー。

そんな中で、お客様の様子を見ていて「なんでそんな風にしちゃうんだろう?」って気になっちゃうような遊び方を目にすることが結構あります。

お酒も入っているし特に何も考えずふるまってるんだと思いますが、それでは最良のサービスは受けられないのに…。

というわけで今回は、現役ホステスの私がクラブやキャバクラを最大限に楽しむ方法について考えてみました。

夜遊びしても毎回思うようなサービスを受けられなくてモヤモヤしてる方は、読んでみていただけるとお役に立てるかもしれません。

あ、裏ワザ的なやり方とかはないです。

そういうの期待した方、すいませんね。

目的をはっきりと決める

夜遊びといえど、何か望むものがあって行動するなら戦略はめちゃくちゃ重要です。

何となく店に入って適当にしているだけじゃ、残念ながらいい思いはできません。

目的をしっかり意識することで、お店や女の子から求めるサービスを引き出しましょう。

クラブやキャバクラで遊ぶ目的といえば、だいたい以下の2つだと思います。

  • 女の子相手にしゃべって気分よくなりたい
  • 女の子を口説き落としたい

まず、自分がこの2つのどちらを求めているかをはっきりさせます。

なぜならこれらは両立できないので、どちらを目指すかによって取るべき行動が変わってくるからです。

 

「女の子相手にしゃべって気分よくなりたい」なら

セクハラ、女の子を罵る、説教する、自慢話を延々披露する…ご自由にどうぞ。

ホステスやキャバ嬢はお店でお客様の話のお相手をするのが仕事ですから、基本的には笑顔で対応します。

気がねなくストレス発散してください。

※ご自由にといってもおさわりなしの店で女の子を過剰に触ったり、行きすぎた暴言や行動が目に余る場合などは店側から出禁にされる場合もありますので、ある程度節度をもってお願いします…。

「女の子を口説き落としたい」なら

夜の店において「ホステスやキャバ嬢を落とす(付き合う)」ことは、普通のごはん屋さんでいうところの「裏メニュー」にあたると思ってください。

公式に店のサービスとして提供されるものではない、ということですね。

クラブやキャバクラはあくまで女の子を口説いて遊ぶ場なので、当然ながら付き合えるという保証はありません。

付き合うかどうかはあくまで女の子の裁量で決まるんです。
(女の子によっては付き合っているふりをする営業の仕方が存在するのでまたややこしいんですけど、とりあえず今回はそれは置いときますね…)

では、どうすれば付き合えるんでしょうか。

例えば、ごはん屋さんに初めて来たお客がふんぞり返って「裏メニューあるでしょ? 出してよ」なんて普通は言わないと思います。

言ったところで裏メニューなんて出てこないでしょうし。

お店側としてはそんなことされても「あんた誰よ?」ってなりますよね。

「裏メニュー」ってふつうお店の常連さんや仲の良いお客さんに出すものですから。

お店に定期的に通ってよくしてあげたり顔なじみになってこそ、特別なサービスが受けられるんです。

ホステスやキャバ嬢を口説く時もこれと全く同じなので、まず「いいお客さん」になりましょう。

「女の子相手にしゃべって気分よくなりたい」だけの場合は好き勝手にふるまえばいいですが、こちらはお店や女の子に気に入られる必要があるというわけです。

言ってしまうと、女の子に「接客」させているようでは口説き落とすのは難しいです。

「お金を払っているのにこちらが気を使わなきゃいけないのか?」みたいに感じられるかもしれませんが、狙いはあくまでお店のサービス外の特別なものですから。

付き合いたいなら支払った分のサービスをその場で受けず先送りするイメージでいきましょう。

 

どちらかに集中すべし!

先にも書きましたが、2つの目的を「女の子相手にしゃべって気分よくなりながら、口説き落とす」みたいに同時にかなえるのは無理です。

だって考えてみてください。

ホステスやキャバ嬢にとってお客さんと付き合うことは仕事ではないのに、セクハラとか自慢話し放題のお客とわざわざ付き合おうと思うわけないですよね。
(「どう振る舞おうとオレに惚れていたら落ちるはず」とかいう幻想は捨てましょう…)

この両立ってぜったい無理なんですけど、それを狙ってくる方ってめちゃくちゃ多いからいつも不思議なんですよね~。

女の子を単なる性の対象とかストレス解消の道具みたいに扱っておいて、直後にしれっと口説いてこられても落ちないどころか印象悪くなるだけなのに。

「せっかくだから口説いてみたら落ちるかもしれない」みたいなついでの感じで口説いても、まぁ成功しないので無駄です。

「二兎を追う者は一兎をも得ず」なんていいますが、夜の店でもあれもこれもと求めるとどれもが中途半端になって結果的にもったいないことになってしまいます。

ただその場を楽しむか、女の子と付き合えるようにがんばるかという目的をはっきりさせて、それだけに集中した方が得られる満足感は高いはず。

遊び方について少し意識的になってみるの、おすすめですよ。

料金を値切らない

最後に、目的に関わらずクラブやキャバクラで遊ぶ時のご注意を。

支払いを渋るお客さんは大事にされません。

店からいい扱いを受けたいなら、通っている店で料金を値切るのはやめましょう。

請求金額に不満を感じるような店なら二度と行かなければいいですし、価格設定が高いならもっと手頃な店を探せばいいんです。

クラブ・キャバクラで会計を値切るお客様って…

www.shakkinhostess.com


スマートに遊んでくれる方は女の子にもモテますよ。

まとめ

今回言いたかったことは、「夜の店でしたいように振る舞うのと女の子を口説くのは両立できないから、どっちかにしたほうがいいよ!」という1点のみです。

遊びの場ではありますが、結構なお金のかかることですから戦略的に楽しむことで最高の時間を過ごしてくださいね!

おしまい。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る